GAME

【小学生のゲームレビュー】『UNDERTALE(アンダーテール)』だれも死ななくてもいい、変わったRPG!

小学4年生のコンタによるゲームレビュー企画。

記念すべき第一回目は「UNDERTALE(アンダーテール)」のレビューになります。

本人の文章&イラストでお届けします。(知らない人はどんなゲームか想像しよう!)
ではどうぞ。

アンダーテールはこんなゲーム

大ヒット作となった「アンダーテール」

ストーリーは、イビト山と言う山にのぼった少女が、大きな穴へと落ちてしまい、地上に帰るため、前へと進んでいく。という感じです。

本作は、マザー2に影響を受けた作品だそう。このゲームはRPGなのですが、普通のRPGとは違って、出会った敵と会話したり、と逃がしたりできます。

紹介映像では「だれも死ななくていい」と書いてありますが、むしろ全員倒してもいいRPGで、プレイヤーの選択次第で変わります。


人気キャラのサンズとパピルス。2人は兄弟。

見たことのないバトルシステム

戦闘シーンになると白黒画面になります。バトルシステムは、わくの中のハートを操作して、敵の攻撃をよけると言う見たこともない物!

シューティングゲームの弾幕を避けるような感じです。攻撃はタイミングに合わせてボタンを押す簡単な操作です。


ハートを操作して敵の攻撃を避けます

個性的なキャラクターしかいない!

骨兄弟のサンズ&パピルスや、ナルシストなロボットのメタトン等、見た目の可愛さと、ちょっと変な会話がクセになります。
自分のHPが少ないと攻撃をしてこないキャラクターもいたり、どこまでも普通のゲームとは違います。ゲームを何周もしていくと、どのキャラクターにも愛着が湧いてきて、みんな友達のような存在になっていきます。

可愛いけど不気味なキャラクター達

やさしいRPGだけど、難易度はプレイヤー次第。

難易度を選べるわけじゃないけど、行動しだいで難易度が変わります。普通にクリアするのは簡単ですが、エンディングがたくさんあり、2周目じゃないと見られないエンディングもあったりします。
「死ななくていい」を覚えておくといいでしょう。

アンダーテールの難しさは『クリアする事』ではなく、『エンディングを見つける』事が難しいのです。例えば、あるモンスターを倒して、その後あるモンスターを倒さないと見れないエンディングもあったりします。

パソコン版ではチートを使わないと見れないエンディングなんかあるそうです。

オススメポイント

その1:ゲームの値段が安いのに長く遊べる!
ゲームのボリュームは1日で越せるような長さですが、エンディングが複数あるので、何度でも挑戦してしまいます。
いろんなエンディングを見つけて何度もクリアする事がアンダーテールの楽しみ方です。

その2:BGMがいい!
アンダーテールの音楽はトビー・フォックスさんが作っていて、心に響くいい曲ばかりです。ついつい口ずさんでしまいます。曲が人気あるので、オーケストラで演奏されたこともあるそうです。僕の一番好きな曲は「メガロバニア」です。

その3:ファンゲームの世界も楽しい!
アンダーテールの世界に影響を受けたファンゲームが大量に作られています。どれもパソコンでしかできませんが、Youtubeで観て楽しんでいます。(アンダーフェル、アンダーフレッシュ!、ヘルプ!テールなど)
これらのゲームは『Another Undertale』とよび『Undertale AU』とよばれています。

アンダーテールとはちょっと違う見た目

評価

★★★★☆

アンダーテールは笑えたり、怖かったり、感動したり、ストーリーがとても素晴らしいです。モンスターと友達になったり、家に招待してもらったり。
戦いではなく、キャラクターとの会話が一番楽しいゲームだと思います。

マイナス1の理由はパソコン版だけに存在する、チートを使わないと出ない謎(隠しボスとかボツデータ)があるから。

ABOUT ME
コンタ
コンタ
朝起きてから寝るまで四六時中ゲームの事を考えているリアルゲームボーイ。最近はメジャータイトルよりも、インディーゲームに夢中。自作のゲームアイディアをノートに記している。